写真や動画は必須のツール

今や商品やサービス、様々な側面からPRを行うにはどうやって写真や動画は必携のツールになっています。何といっても現場ではなかなかPRできないこともインターネットを活用すればパソコン、スマートフォン、タブレットなどを全ての面で訴求ができるからです。 
そして、これまではどうしてもプロユースの機器を利用したりプロのカメラマンがいなければこうしたコンテンツを制作することができませんでしたが、今やご覧の通りYouTubeバーが溢れる時代になっています。それだけにある程度のスキルさえあれば誰でも副業としてこのような動画を制作することができる時代になったのです。
問題はどのような企画を立てることができ、どのようなニーズを汲み取りながらユーザにPRすることができるか、この提案力が大きな問題になります。もちろん副業としてちょっとしたお小遣い稼ぎで動画コンテンツを制作しようと言うレベルでは提案力まで求められるな国かもしれませんが、編集やカメラ撮影、ちょっとしたテロップをつけるくらいであれば副業としても簡単にできるでしょう。例えば街の運動会や宴会などの場面で一時的にコンテンツを制作する事は簡単なスキルさんやれば誰でもできると思います。 
逆にコンテンツ制作を依頼する側にとっては、どのようなコンテンツが欲しいのか明確にし、見積もりを取得した上、どのようなコンテンツをこれまで作ってきたのかを確認しなければクオリティー面やコスト面で詐欺に合う可能性もあります。誰もが簡単に制作できるからといってそのクオリティーが担保されるわけではありません。 
副業として動画制作や編集が一般的になっているとは言え、依頼する側としてどのようなクオリティーを求めるか、どのような提案をしてもらいたいかを明確にしておくことが重要なのです。結局のところクライアント側としてのスタンスが明確でなければ良い作品は出来上がりません。もちろん企業PR映像等となれば本格的な映像制作会社に依頼しなければならないでしょう。 
逆に社内の簡単な映像制作、それも社内で利用するようなものであれば、場合によってはわざわざ、発注することなく、社内でも簡単に制作することもできる時代だといえます。まさに自前でしょう。この辺の見極めをきちんと行うことが重要です。また副業として動画制作を行う側にとっても顧客のニーズを見極めることによって良い仕事ができるといえます。 

投稿者について

admin